借金返済の相談
メインメニュー  トップページ ご利用案内 お問い合わせ 会社概要 リンク
知らないうちに保証人に


身に覚えがないのに、保証人になっていた場合はどのように対応するべきなのでしょうか?

A.身に覚えのない保証人として、借金の取立がきた場合は、もちろん返済する必要はありません。保証否認を配達証明付内容証明郵便で業者に通知しましょう。支払いの命令が返ってきたら、異議の申し立てを行いましょう。一人では不安という方は、弁護士に相談することも考えましょう。

















借金返済について

■借金返済の相談

借り換えローンのポイント
借り換え、おまとめローン
ローン借り換えの前に
借金返済に困った時は
協会債務整理仲介
弁護士整理


■裁判所の諸制度

民事調停手続
民事再生手続
破産手続
借金の借入限度額


■借金返済のQ&A

離婚の際の借金返済の義務
借金の時効
借金返済の遅延
未成年者の場合
知らないうちに保証人に
弁護士への借金整理の依頼
ギャンブルでの借金
取立て屋の暴力
ヤミ金からの脅迫
夫の死亡
夜逃げ

■借金を考える

ギャンブル
連帯保証人
クレジットカード
私生活
返済方法

■借金返済についてのご質問

ご質問1
ご質問2
ご質問3
ご質問4
ご質問5



リンク

j-sox 内部統制について